内臓脂肪に効果的な室内運動とは?

突然ですが、体動かしていますか?

やっと真夏の暑さから解放されたと思ったのも束の間、運動に最適の秋がさっさと過ぎ、極寒の季節がやってきてしまいました。

少し前までホットだった私のウォーキング熱、外気の温度と共に下がりつつあります。今はまだ大丈夫。でも、多分クリスマスのネオンが点灯する頃には、、、もうだめだ!となっているかもしれません。

やっとの思いで正常値まで下がった中性脂肪の値。あっさりと戻させるわけにはいきません。という事で、家庭内でできる・継続できそう・楽しく取り組める、そんな運動がないかな~と目下模索中。

極寒の季節に備え、室内で効果的に取り組める運動について調査してみたいと思います。

内臓脂肪に効果的な室内運動とは?

まずは内臓脂肪の危険性について理解しましょう

肥満のカテゴリには内臓型肥満と皮下脂肪型肥満の2種類があります。皮下脂肪型は解消が難しいという特徴がありますが、生活習慣病などのリスクはなく、生命に危険を及ぼすタイプの肥満ではありません。

しかし、内蔵型脂肪は生活習慣病と因果関係がありますので、深刻な健康問題を引き起こすリスクの高い肥満となります。要するに、悪性肥満です。

この改善には運動は必須なのです。

中性脂肪の減少に有効な運動とは?

中性脂肪の減少を目的に運動する場合、その運動の種類を選ぶ必要があります。選ぶポイントとはいったい何なのでしょうか?

有酸素運動を行なう

やはり有酸素運動。有酸素運動とは、体内に取り込んだ酸素によって、脂肪・糖を燃焼させる運動の事。体への負荷が比較的軽い分、ある程度の時間続けなければ効果がありません。

最低でも30分は続けましょう。1度に30分が無理な場合は、出勤時の15分+帰宅時の15分=1日の合計30分でも効果が期待できます。頻度は、毎日が理想的ですが、1週間に3~4日は最低でも行える、無理なく続けられるものを選びましょう。

理想的な有酸素運動の種類

(ウォーキング)

誰にでも、すぐにでも始められるのがウォーキング。体を運動に慣らす手始めとして、ウォーキングは最適です。

とはいえ、日々の生活の中にウォーキングのための時間を割くというのって案外難しいと思います。なので、近所のコンビニに行く時、ちょっとだけ遠くのコンビニまで歩く・バス停を1個手前で降りて家まで歩く・エレベータから階段にシフトするなど、ちょっと歩く×回数を多く、そんな感じで日常の中に取り入れてみるのも良いですね。

(ジョギング)

ウォーキングよりも体にやや負荷がかかり、ランニングよりも軽いのがジョギング。ウォーキングよりも筋肉がつく運動を望むなら、ジョギングが良いですね。

(ランニング)

更に負荷を大きくしたい方はランニングを選びましょう。ランニングはジョギングよりも負荷が大きいので、最初から長い時間のランニングはおすすめしません。最初は10分から、徐々に時間を長くしていきましょう。

(水泳)

スピードを上げて短時間泳ぐのではなく、30分くらいの時間ゆっくりと泳ぎましょう。これだけで効果が得られます。

あるいは、泳がずにプールの中にいるだけでも運動効果が得られます。不思議ですよね。これには、プールの水温が関係しています。普通のプールは体温よりも水温の方が低く設定されていて、この事に体は反応し、体温低下を防ごうと自然とエネルギーを燃やします。

水中ウォーキングなら更に効果が上がります。水中を歩くのは、陸上に比べてはるかに負荷がかかり、効果的な運動と言えます。これなら、泳げない人でも取り組めますね。

どれくらい運動するの?

先ずは時間で10分、頻度で週4日を最低ラインとします。無理なく10分継続できるようになったら、徐々に時間を延ばして、30分まで引き延ばします。頻度は、毎日が無理でも、週4日は必ず行いましょう。

合わせて行うと効果的な事って?

筋力トレーニングで筋肉を増やすと更に効果的です。筋力トレーニングと聞くと身構えてしまいますが、テレビを見ながら軽めのスクワットを行う・同じく軽めの腹筋運動などでも効果があります。

また普段の生活の中で、歩く機会を増やす、階段を使うなどでも筋力増加に役立ちます。

運動を行う上での注意点

基礎疾患のある方は必ずドクターと相談の上で行いましょう。また、足腰が痛い・風邪・腹痛・空腹や低血糖症状がある時などは、無理は禁物です。運動の途中で体に違和感を覚えた時もすぐに運動を中止しましょう。

まとめ

運動といえば野球・サッカー・バドミントンなど、スポーツを連想してしまいますが、ウォーキングなどの普段当たり前にしている事も運動のひとつです。

運動=特別な事と捉えすぎると、考えすぎてやりずらくなり、結果やらないとなるのはもったいないです。

簡単にできる事だからこそ継続できます。ご自身にあった運動を選んで、継続&中性脂肪&体脂肪の減少を目指しましょう。
【さよなら内臓脂肪】根こそぎ減らせる内臓脂肪専門サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です